医療脱毛ぶっちゃけどこがいい?

医療脱毛

医療脱毛って何?という人も多いかもしれません。医療脱毛は、医療機関で行われる脱毛方法のことを言います。特別なレーザー機器を使って毛根にダメージを与えることで、毛が生えにくくする治療です。では、どこのクリニックを選べばいいのか、迷う人も多いと思います。そこで、あなたにおすすめのクリニックの特徴や店舗などをご紹介します。

医療脱毛ぶっちゃけどこがいい?クリニック都道府県一覧

医療脱毛に興味はあるけれど、どのクリニックを選べばいいか迷っていませんか?特に、医療脱毛が初めての方にとって、自分に合ったクリニックを見つけることは、とても大切な第一歩です。日本全国、各都道府県にある医療脱毛クリニックを網羅的に紹介し、それぞれのおすすめポイントや特徴を詳細に解説しています。

あなたが何を重視すべきか、どのクリニックが最高のサービスを提供しているのか、全てこの記事でチェックできます。さらに、実際に脱毛を体験した方々の口コミも集めましたので、信頼できる情報を基に、最適な選択が可能です。

都道府県別の医療脱毛クリニックを探しているなら、このガイドがあなたの疑問を解消し、理想のクリニック選びをサポートします。さあ、一緒に自分にぴったりの医療脱毛クリニックを見つけてみましょう。

医療脱毛クリニック都道府県別
北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 東京都 神奈川 千葉県 埼玉県 茨城県 群馬県 栃木県
中部 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島 沖縄県

医療脱毛ぶっちゃけどこがいい?クリニック店舗一覧

医療脱毛を考えているけど、ぶっちゃけどこのクリニックがいいのか気になりますよね?そんなあなたに医療脱毛クリニックの店舗をご紹介しています。どちらクリニックが自分に合っているか、何を基準に選べばいいかが一目瞭然です。

初めての方でも分かりやすいように、クリニック選びのポイントや各店舗の特徴を詳しく解説しています。さらに、実際にそのクリニックを利用した人たちの口コミ情報も載せているので、本当に信頼できるお店を見つけることができます。

医療脱毛に興味はあるけれど、どこを選んだらいいかわからない…そんなあなたのための完全ガイドです。これを読めば、あなたに最適な医療脱毛クリニックがきっと見つかります。今すぐチェックして、理想の脱毛ライフを始めましょう!

医療脱毛クリニック店舗別
エリア アリシアクリニック レジーナ リゼクリニック じぶんクリニック
東京都 銀座6丁目院
上野院
渋谷駅前院
新宿東口院
池袋院
立川院
町田院 町田院 2nd
吉祥寺院
銀座院
表参道院
渋谷院
新宿院
池袋院
上野院
吉祥寺院
町田院
池袋院
新宿三丁目院
渋谷井の頭通り院
銀座院
立川院
町田院
銀座院
新宿院
新宿東口院
表参道院
池袋院
上野院
北千住院
吉祥寺院
立川院
町田院
神奈川県 横浜院
川崎駅前院
横浜院 川崎院
横浜院
横浜院
千葉県 船橋院
柏院
千葉院
津田沼院
柏院
千葉院
柏院 千葉院
船橋院
柏院
埼玉県 ⼤宮院
川越院
大宮院 大宮東口院 大宮院

医療脱毛クリニックの選び方

クリニックを選ぶときは、料金だけでなく、アクセスの良さや予約の取りやすさも大切です。また、どの部位を脱毛したいのか、使用するレーザーの種類が自分の肌に合っているかもチェックしましょう。

医療脱毛クリニックを選ぶ際にはいくつか重要なポイントがあります。主に、脱毛方式、レーザーの種類、そしてクリニックが提供するサービスの種類に注目することが大切です。

脱毛方式

医療脱毛には「熱破壊式」と「蓄熱式」の2つの方式があります。熱破壊式は毛根に直接高い熱を与えて破壊する方法で、効果が早く現れるのが特徴ですが、痛みを感じやすいというデメリットもあります。一方、蓄熱式はゆっくりと熱を毛根に蓄えて脱毛する方法で、痛みが少なく産毛にも効果的ですが、効果が現れるのに時間がかかる場合があります​​​​。

レーザーの種類

レーザーには「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種類があり、それぞれ肌質や毛質に合わせた効果があります。例えば、アレキサンドライトレーザーは濃い毛に効果的であり、ダイオードレーザーは産毛に対して高い効果を発揮します。ヤグレーザーは日焼け肌や地黒肌にも使用でき、根深い毛に対して効果的です​​。

クリニックが提供するサービス

クリニックによっては、複数のレーザーを使い分けて幅広い毛質に対応しているところもあります。また、料金体系が明確であり、返金制度や転院制度を提供しているクリニックもあるため、自分のライフスタイルや予算に合わせて選ぶことが重要です​​。

クリニックを選ぶ際には、これらのポイントを踏まえた上で、無料カウンセリングなどを利用して、自分の肌質や毛質に合った脱毛方法を提案してもらうと良いでしょう。

医療脱毛の料金について

医療脱毛の料金はクリニックによって大きく異なります。全身脱毛のプランがあるクリニックもあれば、部位ごとに選べるクリニックもあります。また、キャンペーンを利用するとお得に脱毛できる場合もあるので、情報をチェックすることが大切です。

医療脱毛の料金にはいくつかの要素が影響しますが、主にクリニックごとに異なる料金体系やプラン、さらには割引制度の有無などが料金を決定します。

料金の相場

一般的な医療脱毛の料金相場は、部位によって大きく異なりますが、全身脱毛の場合、5回プランで約21万円からとなっています。顔やVIOを含む全身脱毛の場合は約36万円が相場とされています。VIO脱毛のみの場合は約9.3万円、脇脱毛の場合は約1.4万円となっています​​。

料金体系の特徴

料金体系はクリニックによって異なり、全身脱毛のみならず、顔やVIOを含むかどうか、回数制限があるかどうかなど、様々なプランが提供されています。また、部位ごとに単発で脱毛を行う場合もあり、その場合は部位によって料金が異なります。

割引制度

多くのクリニックでは、乗り換え割引や学割、友人紹介割引などの各種割引サービスを提供しています。これらの割引を利用することで、通常価格よりもお得に脱毛を始めることが可能です。クリニックによっては初回限定のキャンペーンを行っている場合もありますので、公式サイトなどで最新の情報をチェックすることをお勧めします​​。

支払い方法

医療脱毛の支払い方法には、一括払いのほかにも分割払いや医療ローンを利用できる場合があります。分割払いや医療ローンを利用することで、初期費用を抑えて脱毛を始めることができるため、費用面での負担を軽減できる場合があります。

料金に関する詳細は、クリニックによって異なりますので、具体的な料金体系や割引制度、支払い方法については、無料カウンセリングなどを利用して直接クリニックに確認することが重要です。

医療脱毛のレーザーの種類

医療脱毛にはいくつかのレーザーの種類があります。例えば、アレキサンドライトレーザーは肌が白い人に向いていると言われています。自分の肌質や毛質に合ったレーザーを選ぶことが重要です。

医療脱毛で使用されるレーザーの種類は主に以下の3つです。

アレキサンドライトレーザー

  • 波長: 755nm
  • 特徴: 特に濃い毛に効果的で、剛毛に対して高い効果を発揮しますが、産毛に対してはあまり効果がありません。また、日焼け肌や地黒肌への使用は避けるべきです。痛みは比較的弱いです。

ダイオードレーザー

  • 波長: 800~940nm
  • 特徴: 幅広い毛質に対応し、特に産毛に高い効果を発揮します。日焼け肌や地黒肌にも使用できるため、幅広い肌タイプの人に適しています。痛みの強さは普通です。

ヤグレーザー (Nd:YAGレーザー)

  • 波長: 1064nm
  • 特徴: 根深い毛に対してかなり高い効果があります。産毛への効果も高く、日焼け肌や地黒肌でも脱毛が可能です。ただし、痛みが強い傾向があります。

照射方式の違い

これらのレーザーは、蓄熱式や熱破壊式といった異なる照射方式を採用しています。蓄熱式は比較的痛みを感じにくく、産毛に効果的ですが、効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。一方、熱破壊式は剛毛に対して高い効果を発揮し、効果の実感が早いですが、痛みを感じやすいです​​​​。

レーザーの種類や照射方式によって、治療の効果や痛みの感じ方、適した肌質や毛質が異なります。そのため、自分の肌質や毛質、脱毛を希望する部位に合わせて、適切なレーザーを選択することが重要です。クリニックでのカウンセリング時に、これらの点を相談してみると良いでしょう。

医療脱毛の痛みについて

医療脱毛は痛みを伴うことがありますが、クリニックによっては麻酔クリームを使用することで痛みを軽減できる場合もあります。痛みが心配な人は、事前にクリニックに相談してみましょう。

医療脱毛における痛みは、使用されるレーザーの種類、照射方式、個人の痛みに対する感受性、脱毛する部位によって異なります。レーザー脱毛は毛根に熱を与えることで脱毛効果を得るため、施術中に一時的な痛みや不快感を感じることがあります。

レーザーの種類による痛みの差

  • アレキサンドライトレーザー: 比較的痛みが少ないとされていますが、肌質や毛質によっては刺激を強く感じることもあります​​。
  • ダイオードレーザー: 様々な毛質に対応しており、痛みは中程度とされていますが、施術部位や個人の感じ方により差があります​​。
  • ヤグレーザー: 比較的痛みが強いとされていますが、根深い毛や濃い毛に高い効果を発揮します​​。

照射方式による痛みの違い

  • 蓄熱式: 徐々に熱を毛根に蓄えるため、熱破壊式に比べて痛みが少ないとされていますが、効果を実感するまでに時間がかかる場合があります​​​​。
  • 熱破壊式: 高い熱で直接毛根を破壊するため、蓄熱式に比べて痛みを強く感じることがありますが、効果の実感が早いことが特徴です​​​​。

痛みを軽減する方法

  • 冷却装置の使用: 多くのクリニックでは、レーザー照射時に肌を冷却することで痛みを軽減します。
  • 麻酔クリーム: 痛みに敏感な方や特に痛みを感じやすい部位には、麻酔クリームを使用することがあります。
  • 施術方法の工夫: 照射パワーの調整や施術スピードの調整など、施術者による工夫も痛みを軽減する要因となります。

痛みに対する感受性は人それぞれ異なるため、無料カウンセリングなどで事前に痛みに関する不安や疑問を相談することをお勧めします。また、実際に施術を受ける際には、痛みを感じたらすぐに施術者に伝えることが大切です。

医療脱毛のアフターケア

脱毛後の肌トラブルを避けるためにも、アフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶことが大切です。肌が赤くなったり、かゆみが出たりしたときの対応もチェックしておきましょう。

これらのポイントを踏まえて、自分に合ったクリニックを選んで、キレイな肌を目指しましょう。医療脱毛は効果が高い分、慎重にクリニックを選ぶことが大切です。

アフターケアは、医療脱毛後の肌を健康に保ち、施術効果を最大限に引き出すために重要です。正しいアフターケアを行うことで、脱毛後の肌トラブルを最小限に抑えることができます。

アフターケアの基本

  • 冷却: 施術直後の肌は熱を持ちやすいため、冷却パックや冷たいタオルで肌を冷やすことが推奨されます。これにより、赤みや腫れを抑えることができます。
  • 保湿: 脱毛後の肌は乾燥しやすくなるため、十分な保湿が必要です。アルコールフリーの保湿ローションやクリームを使用して、肌の水分バランスを整えましょう。
  • 紫外線対策: 脱毛施術後の肌は紫外線に敏感になるため、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が重要です。特に施術後数日間は直射日光を避けることが望ましいです。
  • 刺激の回避: 施術後は肌が敏感になっているため、激しい運動やサウナ、長時間の入浴など、肌に刺激を与える行為は避けた方が良いでしょう。

アフターケアで注意すべきこと

  • 化粧品の使用: 施術後すぐに化粧をすることは避け、肌が落ち着くまで待つことが望ましいです。また、使用する化粧品は肌に優しいものを選びましょう。
  • 摩擦: 施術部位を強くこすったり、タオルでゴシゴシと拭くなどの行為は肌を傷つける原因になるため、避けてください。
  • 毛抜きや自己処理: 脱毛施術後に毛抜きでの自己処理を行うと、肌を傷つけたり毛周期に影響を与えたりする可能性があるため推奨されません。

アフターケアは、脱毛効果を持続させるためにも、肌の健康を維持するためにも非常に重要です。クリニックから提供されるアフターケアの指示に従い、適切なケアを心がけましょう。また、何か不安や問題が生じた場合は、迅速にクリニックに相談することが大切です。